カーリング女子の反響に日本中が大慌て?そこには選手も予想しない衝撃のサプライズがっ!!

引用元:http://matomeshi.net

「カーリングはスポーツじゃない」

そんな悲しい言葉から始まった
“そだね~ジャパン”
カーリング人生でしたが、

選手達はいつかカーリングを
“日本の国技にする!”事を信じ、

今回の平昌五輪を戦い、
“そだね~ジャパン”こと
「LS北見」は見事“銅メダル”
獲得しましたね!

今、その活躍ぶりに
日本列島が大きく動こうとしています!

実際に一体どのような反響が
あったのでしょうか?

それにはLS北見の選手も
目を疑ってしまうような内容でした!

藤澤五月選手の私服のセンスはまだまだ勉強中??

スポンサーリンク


カーリング女子の反響がやばいっ!

引用元:http://www.sankei.com

平昌五輪で銅メダルを獲得した
カーリング女子ですが、

現地で試合をしている選手達は
日本国内で起きていた反響には
一切気付いていなかったようですね♪

日本のカーリング女子が
銅メダルを獲得した

イギリスとの三位決定戦は
なんと瞬間最高視聴率
「42.3%」

年末の紅白歌合戦並みに
日本中が歓喜に酔いしれた
瞬間でもありましたね!

日本カーリング女子の成績と
話題を改めて振り返ると

日本はアメリカ、デンマーク、
そして韓国で三連勝した時には

既に“そだね~”の北海道弁が
繰り返し聞こえた
マイクが話題になり、

皆さんの記憶にも新しい
中国戦でのおやつタイムが
大変話題になりましたね!

そしてOAR、カナダ戦では
ついに“もぐもぐタイム”
命名され、

韓国にいる選手達は
そんな情報は何も知らず、

むしゃむしゃ選手たちが
おやつを食べる仕草が

動物に間違われているぐらい
食欲旺盛でしたね。笑

“もぐもぐタイム”で話題になった、
苺、バナナ、リンゴなどは

現地で調達できるモノはなんでも
集めていたのだと言います。

選手個人で食べたいものは
それぞれ違うので

自分の好きなモノを
おやつボックスに
いれていたそうです。

選手たち本人は
貴重なもぐもぐタイム兼
ミーティング時間という事もあり

とにかく時間に追われながら
五分ぐらいしか時間を
過ごしていたそうですね。

スウェーデン戦に勝った時には
“そだね~ジャパン”が定着し

第8戦のイギリス戦に
敗れた試合はなんと

「もぐもぐだけ動画」
“37万回”再生されるなど
大変話題になりました。

まさに人気ユーチューバーも
声を失った瞬間でしたね。笑

カーリング女子の反響に日本中が動く?

“ふるさと納税”アクセス10倍に!

カーリング女子選手の出身地の
北海道北見市“ふるさと納税”への

アクセスがなんと
“10倍”になっています!

ふるさと納税ってナニ?
という方のために少し
ふるさと納税について紹介しますね。

ふるさと納税とは、
ふるさとや応援したい自治体に
寄付ができる制度で

手続きをすると、
所得税や住民税の還付や
控除が受けられ、

特典として寄付をする事で
お礼の品が頂ける仕組みです。

今回北見市の特典としては
選手たちが“もぐもぐタイム”
実際に食べていた

「赤いサイロ」のお菓子が
返礼品でもらえるそうですよ!

引用元:https://cdn.logly.co.jp

そしてカーリングの
無料体験もできるそうです!

ですが、「赤いサイロ」
現在のところ品切れで

今注文しても実際に納品されるのは
9月頃になるとの事です。

その他の地域では、
都内のカーリングスクールへの
応募人数が五倍になった

彼女たちの出身地以外でも
その活躍に日本中が動いています!

大手芸能事務所も大慌て!?

カーリング女子チームの
話題はその愛しい容姿
注目されてますね!

そんな彼女たちに熱視線を
注いでいるが大手芸能事務所です!

そのルックスと逆境に負けない
笑顔は世の中を明るくするとされ、

“もぐもぐタイム”での
親近感も抜群で、

今後は食品関係のCMにも
期待できるとされています!

チームのキャプテン“本橋麻里”選手
初めて出場したオリンピックから

写真集発売やテレビでも
大変話題になりましたよね。

その再現がまた見られるのでは
ないでしょうか!?

藤澤五月選手の人気が止まらない!!

美女揃いのチームの中でも
最も人気が高いのが、

チームのスキップを務めた
“藤澤五月”選手ですね♪

引用元:http://www.sankei.com

その人気っぷりは日本を飛び越え
韓国の現地で大変話題になり

韓国中の美人10人に選ばれ、
SNSでもトップになるなど
その人気は止まりません。

ある新聞では、韓国語で
「男心を狙い撃ち」と、
アイドル並みの扱いを
受けてました!

そんな藤澤選手を求め、
大会のボランティアスタッフから
連日の写真撮影を求められ

その人気で試合以上に
疲れているのではないでしょうか?

さすがに写真以外で
プロポーズとかは無かったそうですよ。笑

その人気は実は男性のみならず
韓国の女性の間でも
大変人気になり

歩けば写真撮影を
求められていたらしいです。

実はそんな藤澤選手の笑顔の
ファン第一号はお父さんで

お父さんも韓国での
娘の評判にご満悦でした。笑

そんな藤澤選手ですが、
普段の髪型は降ろした髪型で
勝負時だけ前髪をあげるそうです!

スポンサーリンク


体力勝負で勝ち取った”銅メダル”?

引用元:http://afpbb.ismcdn.jp

今回の平昌五輪の
女子カーリング選手の中で
最も身長が小さい“鈴木夕湖”選手

カーリングは意外に体力を使う
スポーツと語っていました。

鈴木夕湖選手は三位決定戦の
イギリスとの試合だけで

スイーピング回数がなんと
“1895”往復していました!

その試合時間は2時間36分で、
一秒間に約5往復のスイープを
行っていた事になります!

二番目の吉田夕梨花選手は
“1570”往復で、

三番目の吉田知那美選手は
“1096”往復していました。

ゲスト出演したある番組内で
実際にスイープをテレビで
披露していましたが

20秒間に77回のスイープを
披露した鈴木選手。

今回はタイムアタックという事もあり、
試合よりも多い、一秒間に
約4往復のスイープを披露しました!

さすがの鈴木選手も息が上がって
喋れない程で大変過酷な
スポーツだという事が分かりました!

試合を決めるスキップの
藤澤五月選手は

ストーンを投げる時は
緊張しないらしいのですが、

ストーンを手から離した瞬間で
手元の微妙な感覚の違いで

緊張しているんだな、
と思う時があるそうです。

ストーンを話した瞬間、
“イエス”と藤澤選手が叫んだときは
やばい時だそうです。笑

カーリング女子”銅メダル”の報奨金は?

引用元:https://img.news.goo.ne.jp

平昌五輪での銅メダルの報奨金は
スキージャンプ高梨沙羅選手
男子モーグルの原大智選手

JOCと連盟から100万円ずつで
200万円貰えるそうですが、

なんとカーリングJOCのみ
一人100万円だけらしいです。

しかしスポンサーである「全農」
報奨金改め、

“報奨米”として米俵100俵
用意していると言っています!

これは予想もつかない数字ですが、
一人換算すると約20年分の
お米の量だそうですよ!!

そして前回日本選手権で優勝した際に
スポンサーの国分皮膚科の理事長に
沖縄旅行をプレゼントされたそうですが、

鈴木夕湖選手は今回は
“ハワイ”に連れてってくださいよ~
お願いしたら、

“そだね~”と返ってきたそうです。笑
早くも、“そだね~ジャパン”
浸透してきたみたいですね。

そだね~ジャパンもいいですが、
やっぱり“スマイルジャパン”
名称が一番似合ってると思います♪

彼女たちが試合中に
常に笑顔でいられた理由は

コーチ、監督、全選手で
辛い事もあるが笑顔でいれば

必ず勝利はついてくると
信じていたからだそうです!

そして吉田知那美選手
自分自身の笑顔で
チームを鼓舞するため

そしてチームには
どんな状況でも
笑顔でプレーするとの
約束事があり

このチームでオリンピックに出られる事
このチームで世界の選手と
戦えるだけで嬉しかったから

それだけで自然に笑顔になれた、
と語っていました♪

“もぐもぐタイム”や銅メダルの裏話♪

引用元:https://news.nifty.com

“もぐもぐタイム”で食べられた
苺やバナナ、リンゴは

チームのトレーナーが
選手村近くのスーパーで購入し

洗ったり切ったりしていたのは
チームのキャプテンの本橋選手でした。

鈴木夕湖選手が最も多く食べていた
とされる韓国の苺は

本人もビックリするぐらい
おいしかったからだそうです。

映像を見ていると、
勝ち星を進めれば苺の大きさも
自然と大きくなっていきましたね。笑

あれはトレーナーや本橋選手からの
ボーナスかもしれませんね!

試合に出場していた選手達は
日本の熱狂ぶりを
全く知りませんでした。

“もぐもぐタイム”の名前は試合後、
各テレビ局を回ったり
ニュースを見て知りました。

引用元:https://o.aolcdn.com

銅メダル獲得の瞬間、
少し喜びが遅かったのは

カーリングは紳士のスポーツで
相手のミスを喜んではいけません。

相手がミスして勝った瞬間は
素直に喜べなかったそうです。

選手は半分負けを意識した
最後の相手選手のストーンの
ミスだったので

最後自分たちが得点していた事に
気付かなかった選手もいたそうです。

あなたも気になる競技中のトイレ休憩裏話!

あなたも気になると思いますが、
試合中のトイレ休憩って
あるのでしょうか?

三時間近くある競技の中で
途中のトイレ休憩は
やっぱり存在しました!

今回のオリンピックでは
彼女たちはマイクを付けている状態で
トイレ休憩に行っていたんです!!

まさかトイレの音まで拾われちゃう
危険性もあったんですね。

大丈夫だったんでしょうか??
そこは選手一人ひとりが
事前に音声さんに

「トイレ入ります」と伝え
トイレに行っていたそうですよ!!

音声さんのスイッチ一つで
彼女たちのプライベートが
あらわになりかねない事態でしたね!

スポンサーリンク



まとめ

今回のカーリング女子の活躍は
結果的にどの競技のメダルよりも
輝いていました♪

今後ますますカーリングの競技者が増え
いずれは”相撲”のように

日本の国技になる日も
そう遠くはないかも
しれませんね!!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪