平昌五輪を10倍楽しむ♪スピードスケート見所ルールや注目選手は?

「見どころはスピードスケート女子は日本人メダル確実!?」

いよいよ待ちに待った、
平昌オリンピックまで後わずか!!

各種目の放送予定や競技日程も決まり、
選手だけでなく我々日本国民も
心踊らされている事に間違いないでしょう♪

私もその中の一人として
声が枯れるまで応援したいと思います♪

今回の韓国で行われる平昌オリンピックは
日本との時差もほとんどなく、

“LIVE”つまり生中継で見られる所も
見どころの一つと言えます。

今回は「史上最多7競技102種目」の
競技の中から最もメダルの期待が大きい
女子スピードスケートについて
ご紹介していきます♪

スピードスケートって何種目あるの?
スピードスケートの見所教えてよっ!

そんなアナタの為にこれだけ知っておけば
誰よりも10倍くらい?笑

楽しんでスピードスケートを
観戦して頂ける内容を記事にしました♪

まずスピードスケートには

・500m
・1000m
・1500m
・3000m
・5000m
・マススタート
・チームパシュート

全部で7種目あります。

マススタート?
チームパシュート?

この二つの競技を初めて耳にした方も
多くいらっしゃると思いますが、

今回はスピースケートの中でも
「短距離・中距離」と言われる

500m、1000m、1500mの
ルールや説明、見所や注目選手の生立ちを
ご紹介していきます♪

スポンサーリンク


スピードスケートの見どころが知りたいっ!

「ゴール後のスッピン美女に注目!」

スピードスケートの競技で
選手が必ず行うのが、

ゴール直後にサングラスを外し、
ユニフォームを脱ぐシーンです♪

あのシーンはアスリート美女の
“スッピン”がタダで拝める貴重な瞬間です☆

・・・見どころってそこっ??

いえいえ、本題はここからです♪

500m、1000m、1500mの様な
いわゆる「短距離」の種目に関しては、

二名の選手で競技を行い、
内側のトラックと外側のトラックを
滑ってタイムを競う競技になります。

そしてまずは”スタート”に注目して下さい!

陸上競技と一緒で、
スターターの合図まで
完全に静止していなければならず、

少しでも動いてしまうと不正となり、
1回目はスタートのやり直しになりますが
2回目になると失格になってしまいます。

よくスタートの際に各選手がスタート地点で
氷をカツカツと氷を削ってシューズの
ブレードの部分をめり込ませていますよね?

あの行為は、やっぱり氷の上なので
プロの選手でも滑ってしまわない様に
念入りに行っているんですね。

そしてスタートの態勢は選手によって
前傾姿勢や、仁王立ちの様なスタイルだったりと
選手の特徴が一番に見れるシーンにもなりますね♪

1周400mのリンクでは、
内側と外側のトラックで
距離に違いが出てしまうので

バックストレートと呼ばれるレーンを
交差する必要があります。

内側のスタートの方が距離が短く感じて
有利に見えてしまいますが、
トータルの距が最終的に同じになるように
配慮されています。

そして短距離種目の中で
一番転倒や反則が起こりやすいのが
バックストレートと呼ばれる
選手同士がクロスする場面なんです。

【注目ポイント】

バックストレートのクロスゾーンでは、
選手同士の接触を避ける為に、
外側のスケーターを優先になります。

このクロスゾーンでの接触や、
外側のスケーターの進路が妨害された場合、
内側のスケーターが失格となってしまいます。

スピードを競う短距離種目ですが、
この様に細かな部分にでまで
滑りながら相手選手にも

大変気を配らないといけない
繊細な競技だという事が
分かりましたよね♪

その中でも今回ご紹介した
500m、1000m、1500mは
日本勢がメダルラッシュmの可能性が
最も高い競技なのです♪

メダル大本命の二選手を
今回は御紹介いたします☆

世界が注目!500mのアイドル小平奈緒!

小平美帆

出典:https://www.jiji.com/

「短距離界のアイドル”小平奈緒”」

思わず、奈緒ちゃ~ん!!っと
男性の太い声援が起こってしまいそうな
ルックスを兼ね揃えた、小平奈緒選手♪

実はルックスだけじゃない
その圧巻のスピードと実力を持ち合わせ、

今回の平昌五輪で
金メダル最有力候補の一人なのです!

小平奈緒選手は、今季アメリカの
ソルトレークシティで行われた
ワールドカップ第4戦で、

500mを36秒54で制し、
昨季から続く連勝記録を
ワールドカップ15連勝
国内外レースを23連勝としました♪

そして同大会の1000mでは
1分12秒09世界記録を出し、
500mと1000mの二冠を達成☆

オリンピックの正式種目の中での
日本人女子の世界記録は初めての快挙です♪

これだけ世界で連勝を続けられる選手って
あの”霊長類最強”と言われた
レスリングの吉田沙保里選手以外ありえない
記録を樹立しているんです!

おそらく今回の平昌オリンピックで
優勝すれば「国民栄誉賞」
夢ではないのではないでしょうか?

新フォームでもある“通称・怒った猫”。笑
にも大注目ですね♪

ですが、ここまで小平選手がここまで辿り着く為には
涙ぐましい努力と苦労があったのです。。

小平奈緒の強さの秘密や理由を大暴露!!

スポンサーリンク


世界女王「小平奈緒」誕生のルーツとは?

「自費でオランダ留学を決断!!」

現在は世界の頂点に立つ小平奈緒選手ですが、
今日に至るまでは不振に悩む選手の一人でした。

小平奈緒選手にとって
今回の平昌は三度目のオリンピック出場で、

23歳で初出場した2010年の
バンクーバー五輪では

500mで12位、
1000mと1500mでは5位でした。

2度目の五輪となった
2014年のソチでは
メダルを期待されながらも、

500m5位、1000mで13位と
二大会連続で個人種目のメダルを逃しました。

27歳になった小平選手が殻を破るべく、
誰からも背中を押されたワケでもなく
自費で向かった先が

ソチ五輪で23個のメダルを獲得した
スケート大国と呼ばれる「オランダ」でした。

ここでの生活やスケートに取り組む姿勢が
その後の小平選手を大きく変える
きっかけになりました。

小平選手は憧れだった
98年長野、06年トリノ五輪で
金メダリストでもある

“マリアンヌ・ティメル”コーチのもと、
2シーズンに渡り、勝者のメンタリティを
学んだそうです。

日本に比べ、根性論の様な
精神的に追い込まれるトレーニングとは違い

オランダでは「やる時にやる!」と、
メリハリあるトレーニング方式でした。

いくら技術やメンタルを学んでも
体格差に劣る日本人が世界の選手に
勝つために何を学んだのでしょう?

それに対して小平選手は
不思議な回答をしていました。笑

「ひらめきです。。」笑

ひらめきね~。笑

現在31歳の年齢になり、
スピードスケート界では
ベテランと言われる世代。

「ひらめき」で優勝できるって事は
それだけ苦労を重ねてきた分、
引き出しの多い証拠でもありますよね!

小平奈緒だけじゃない!美人高木姉妹の妹”美帆”

小平奈緒選手の陰に隠れたもう一人の
中距離の日本のエースが
高木姉妹の妹、高木美帆選手です♪

小平奈緒選手も一目おいてる存在として
高木美帆選手をビデオで研究するなど、

近年の大会では常にライバルとして
二人で世界女王の座を争ってきました。

高木美帆選手は主に中距離を得意とし、
短距離から長距離とオールラウンドに
活躍が期待される選手です!

今季のワールドカップでは
1500mを1分54秒49
“日本新記録”で制し、
こちらも無傷のW杯4連勝としています!

ですが‥、高木美帆選手も小平選手同様、
大変な苦労人の一人だった事を
アナタはご存知でしたでしょうか?

高木美帆 二大会で味わった屈辱とは?

「最年少で代表入りも出番無く‥」

中距離のエースにまで成長した
高木美帆選手ですが、

なんと前回のソチ五輪では代表落選、
そして最年少で代表メンバー入りした
2010年のバンクーバーでは
補欠要員として出番はありませんでした。

まるでサッカー選手に例えると、
才能があってW杯メンバーに選出されるも
出番を与えてもらえなかった、
“ガンバ大阪の遠藤保仁選手”の様です。

最年少で五輪に選出された高木選手が
なぜ次の大会には選ばれなかったのでしょうか?

本人いわく、そこには「環境の変化」が
大きく影響していたそうです。

年齢的にも大学進学とかぶる時期で
大きく変わる環境にメンタル面で
追いついてこなかったと話してくれています。

そして高木選手にも小平選手と同じく
五輪がターニングポイントとなりました。

ソチ五輪の代表落選後、
高木選手も自費を投じて、

自分に合ったスケートシューズを作って
ブレードの変えました。

この自発的な行動がきっかけとなり、
大学二年からはナショナルチームに入って
オランダ人コーチの指導のもと
環境もメンタル面も安定させていきました。

高木美帆選手の武器「チャレンジ精神」

高木美帆選手といえば、
“中距離のエース”という称号を
持っていますが、

スピードスケート界で中距離は
1500mの種目にあたりますが、

「チャレンジ精神」旺盛な高木選手は、
大会では常に他の種目にもエントリーし
オールラウンダーと呼ばれるまでに
成長を続けてきました。

その結果、カナダ・カルガリーで行われた
W杯3戦で3000mで3分57秒09
日本新記録をマークし、

この種目ではなんと
日本人初なる優勝を飾ったんです☆

高木選手のこのチャレンジ精神よる成長はは
個人種目だけでなく、

団体種目の「チーム・パシュート」にも
メダル獲得の可能性を
大きくしているんですよ!

平昌五輪パシュート見どころを分かりやすく解説♪

スピードスケート女子の放送予定が決定!

【女子500m】
2月18日(日)20:00~(決勝)

・小平 奈緒☆
・郷 亜里砂
・神谷 衣理那

【女子1000m】
2月14日(水)19:00~(決勝)

・小平 奈緒☆
・郷 亜里砂
・高木 美帆☆

【女子1500m】
2月12日(月)21:30~(決勝)

・小平 奈緒☆
・高木 美帆☆
・菊池 彩花

【女子3000m】
2月10日(土)20:00~(決勝)

・高木 美帆☆
・菊池 彩花
・佐藤 綾乃☆

【女子5000m】
2月16日(金)20:00~(決勝)

・高木 菜那
・押切 美沙紀

【マススタート女子】
2月24日(土)20:00~(決勝)

・佐藤 綾乃
・高木 菜那

【チームパシュート女子】
2月19日(月)20:00~(予選)
2月21日(水)20:00~(決勝)

・高木 美帆☆
・菊池 彩花☆
・佐藤 綾乃☆
・高木 菜那☆

※種目名の後ろの☆マークは
日本勢がメダル有望の印です!!!

よく見ると、全ての種目に
今回の平昌オリンピックでは
メダルが期待できるというワケです!

スポンサーリンク


まとめ

この日本の”Wエース”の活躍で
必ず今回平昌オリンピックでは
表彰台でワン・ツーを独占してくれる
事でしょう!!

後は一緒に滑る選手の妨害や
不慮のアクシデントが無い事を
祈るしかありませんねっ☆

ここまでお読みいただきありがとうございます♪