平昌五輪女子モーグル見どころは”エア”♪ルールをわかりやすく解説!村田選手に幼稚園児も大声援!?

引用元:https://www.jiji.com

「村田愛里咲先生がんばれぇ~!!」

今回は平昌オリンピックの
究極のスキーテクニックが必要とされる、

“スキーモーグル”のルールや
見どころなどを「分かりやすく」
お伝えしていこうと思います♪

このモーグル種目は
1998年長野五輪以来の
メダルがかかっている競技です。

平昌オリンピックのスキー競技は

“ノルディックスキー”
“アルペンスキー”
“フリースタイルスキー”

の3種類に分かれますです。

その中でも今回ご紹介する
「モーグル」

“フリースタイルスキー”
に属します。

“フリースタイルスキー”
スロープをと呼ばれるコースを
滑走しながら、

「エア」「トリック(空中技)」
を行い芸術性を競う競技です♪

スキー競技の中でも
選手の個性や独自性が
現れる事が特徴的です。

スポンサーリンク


フリースタイルスキーは何種目あるの?

・モーグル

規則的なコブが配置された
急斜面での滑走を、
“ターン技術”、”エアトリック”、
“スピード”の3要素で争う競技。

・ハーフパイプ

傾いた半円形のスロープを下りながら、
ジャンプや空中技を競う競技。

・エアリアル

ジャンプ台を飛びあがり、
空中技を繰り広げる競技で
採点によって順位が決まる。

・スロープスタイル

“レール”、”ウォール”などの
様々な障害物とジャンプ台で
構成されたコースを滑降し
“高さ”、”回転”、”テクニック”
それぞれ難易度で採点される。

・スキークロス

4人が一組になり、
“ジャンプ”など起伏に富んだ
コースでレースを行う。
ゴールの着順で勝敗が決まる

モーグルの競技の特徴や見どころ、採点方法は?

モーグルは雪面に規則的に
コブが配置された急斜面を
滑走する競技で、

レース中に流されるビートの
効いた音楽のおかげ
で華やかなショーの様です♪

引用元:https://www.joc.or.jp

採点要素は主に三つで、
・鋭いコブを滑らかに滑降するターン技術
・空中に飛び上がるジャンプ台が二か所あり
いかに難易度の高いジャンプを決められるか
・スタートからゴールまでの時間

5人の審判がそれぞれ採点し、
ターンの出来レベル(1~20点)
減点(最大-6点)を採点します。

ターンのレベルの最高点と最低点、
そして減点の最高点と最低点を除いた
※6つのポイントが合計されます。

採点配分は、
「ターン」が全体の60%
「エア」が全体の20%
「スピード」が全体の20%
になっています。

選手は2回の予選を行って、
20名の決勝進出者を選出します。

決勝は3回のラウンドで行われ、

決勝一本目で1~12位の選手が
日本目に進出でき、

さらに2本目で1~6位までの選手が
決勝3三本目を滑る事ができます。

モーグルは華やかなジャンプに注目が集まりますが、
採点の最重要要素は「ターン」です!

引用元:https://www.jiji.com

選手は柔らかく膝を使って
滑らかに、そして正確に

コブを超える事が
モーグル競技の基本です。

コースは全長は約250mで
最大傾斜37度、最低傾斜20度に
設定されています。

コースは右側、中央、左側と三か所ありますが、
選手は自由にコースを選択する事ができます。

「エアバンプ」と呼ばれる
空中に飛び上がる為の“コブ”は二か所で

最初の“エア”はスタートから
コース全長の15%の距離で、

二つ目の“エア”はゴールから
20%の位置に設置されています。

※モーグルのターンの基本6つとは?

①スタートからゴールまでの
最短距離を走る事

②スキーのトップからテールまで
1本の軌道をえがく

横や斜めへのスライドは避ける事

④膝から下の伸縮をうまく使い、
膝から上の動きを少なくする事

腕の動きは小さくし、
左右対称である事

上半身と下半身の動きが自然で、
動作も自然である事

また頭部が常に前方を向いている事が大変重要なポイントになってきます。

減点対象は“下降停止”
最もマイナスが大きく、

その他、“手つき”“尻もち”
“横滑り”“ストック2度突き”
減点の対称になります。

スポンサーリンク


モーグルの”エア”ってどんな種類があるの?

引用元:http://blog.so-net.ne.jp

・インバートフリップ
=宙返り(バック、フロント、フル)

・ループ
=側転(サイド、コーク1080°)

・ストレートローテーション
=水平回転
(360°、720°、1080°)

引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

・ヘリコプター
=ジャンプ中に1回転

などが代表的です。

1エアあたり
最大ポイントは10点

1ランあたりの
最大ポイントは20点です。

エアの完成度を審判が
“10点満点”で評価し、
そこにエアの難易度を掛けます。

2人の審判が採点し、
両者の出したポイントの平均
得点となります。

何度の高いエアを決めて速く滑るって‥無理あり過ぎ~♪

ターンの姿勢ジャンプの迫力などが
採点の基本とされるが
評価はそれだけはありません。

スタートから何秒でゴールしたか
勝敗を分ける重要な要素になります。

スピードのポイントは
最大20点となっています。

凹凸なコースでバランスを保ちつつ、
スピードアップするのは至難の技ですよね。

というか無理言い過ぎ。笑

そんなわけでモーグル選手は
究極の“スキーテクニック”
求められています。

日本人選手メダルの可能性と日程は?

1998年長野五輪のモーグル競技で
金メダルをとったのが記憶に新しい
“里谷多英選手”ですよね♪

引用元:http://img.chess443.net

今回の平昌では20年ぶりの
メダル獲得を目指す事になります。

今季W杯開幕戦では
日本選手全員が予選敗退
という結果もあり

正直このモーグル競技での
メダル獲得の可能性は
厳しいと言われています。

しかしモーグル競技は
大変アクシデントの起きやすい
競技でもあり、

引用元:https://www.asahicom.jp

実力が上位とされる選手も
コースアウトやエアの失敗など
メダルの可能性は誰にでもあると
言っていいでしょう♪

日本人女子は残念ながら
1名のみの出場となります。

“村田愛里咲選手”です♪

2/9(金)9:55~13:00予選

2/11(日)20:50~22:40決勝

スポンサーリンク


村田愛里咲選手 プロフィール

村田愛里咲(むらた・ありさ)
生年月日:1990年10月17日
出身地:福島県
身長:152cm
体重:48kg
所属:行学学園

・主な経歴
普段はなんと幼稚園の先生♪

引用元:https://i.ytimg.com

入園式では子供たちと一緒に
「チューリップ」を歌っいる姿が
大変キュート♪でした!

2010年のバンクーバー五輪では
見事”8位入賞”を果たし

今回の平昌ではメダルを
脅かしてくれる存在でしょう♪

ここまでお読みいただいてありがとうございます♪