名古屋グランパス2018選手年俸/移籍情報/対戦日程/見どころや注目選手をまとめて紹介!

引用元:https://www.soccer-king.jp

風間八宏体勢2年目の
今季は2シーズンぶりに
J1復帰を果たし、

26人という少人数精鋭で
リーグ優勝に臨みます。

新加入選手は希望通り
センターラインを確保し

中でも注目は
総額20億以上をかけ
獲得したFWジョー選手。

さらに年齢の影響で
コンディションが整わない
GKの元日本代表楢崎選手に変わり

即戦力として期待の大きい
オーストラリア代表の
“ランゲラック”選手の補強と

まさに抜け目のない大型補強を
行いました。

外国人勢を中心にまとまった
チームを止められるのか?

今年の名古屋グランパスは
一味も二味も違うでしょう!

今回は選手紹介と一緒に
アナタも気になる選手の年俸や

移籍情報、対戦日程や
見どころをまとめて紹介します♪

スポンサーリンク


名古屋グランパス 2018年の選手年俸を紹介

ゴールキーパー【GK】

1楢﨑 正剛(ナラザキ セイゴウ)
41歳 187cm/80kg
【推定年俸 6000万円】

16武田 洋平(タケダ ヨウヘイ)
30歳 190cm/82kg
【推定年俸 1200万円】

18渋谷 飛翔(シブヤ ツバサ)
23歳 189cm/89kg
【推定年俸 1000万円】

22ランゲラック
29歳 193cm/83kg
【推定年俸 8000万円】

ディフェンダー【DF】

2畑尾 大翔(ハタオ ヒロト)
27歳 183cm/79kg
【推定年俸 800万円】

3櫛引 一紀(クシビキ カズキ)
25歳 182cm/84kg
【推定年俸 1200万円】

5新井 一耀
24歳 185cm/75kg
【推定年俸 700万円】

6宮原 和也(ミヤハラ カズヤ)
21歳 172cm/67kg
【推定年俸 1200万円】

29和泉 竜司(イズミ リュウジ)
24歳 173cm/72kg
【推定年俸 2000万円】

39内田 健太(ウチダ ケンタ)
28歳 178cm/69kg
【推定年俸 1200万円】

ミッドフィルダー【MF】

4小林 裕紀(コバヤシ ユウキ)
29歳 180cm/70kg
【推定年俸 2500万円】

8ワシントン
31歳 182cm/84kg
【推定年俸 4000万円】

9長谷川アーリアジャスール
29歳 186cm/76kg
【推定年俸 4000万円】

10ガブリエル・シャビエル
24歳 170cm/70kg
【推定年俸 1億円】

14秋山 陽介(アキヤマ ヨウスケ)
22歳 170cm/64kg
【推定年俸 480万円】

21八反田 康平(ハッタンダ コウヘイ)
28歳 170cm/64kg
【推定年俸 1200万円】

23青木 亮太(アオキ リョウタ)
21歳 174cm/63kg
【推定年俸 1200万円】

32深堀 隼平(フカホリ シュンペイ)
19歳 178cm/67kg
【推定年俸 480万円】

39梶山 幹太(カジヤマ カンタ)
19歳 167cm/62kg
【推定年俸 480万円】

フォワード【FW】

7ジョー
30歳 191cm/96kg
【推定年俸 3億5000万円】

11佐藤 寿人(サトウ ヒサト)
35歳 170cm/70kg
【推定年俸 7000万円】

13大垣 勇樹(オオガキ ユウキ)
17歳 175cm/68kg
【推定年俸 480万円】

19押谷 祐樹(オシタニ ユウキ)
28歳 171cm/71kg
【推定年俸 2000万円】

25杉本 竜士(スギモト リュウジ)
24歳 164cm/60kg
【推定年俸 1500万円】

28玉田 圭司(タマダ ケイジ)
37歳 173cm/68kg
【推定年俸 3000万円】

30松本 孝平(マツモト コウヘイ)
23歳 186cm/85kg
【推定年俸 480万円】

スポンサーリンク


名古屋グランパス 2018年の移籍情報

新加入選手

GK ランゲラック
※レバンテ(スペイン)から移籍

引用元:https://images.performgroup.com

DF 畑尾 大翔
※甲府から移籍

引用元:https://www.jleague.jp

MF 長谷川アーリアジャスール
※大宮から移籍

引用元:https://www.jsgoal.jp

MF 秋山 陽介
※早稲田大学

引用元:https://f.image.geki.jp

FW ジョー
※コリンチャンス(ブラジル)から移籍

引用元:http://www.soccerdigestweb.com

FW 大垣 勇樹
※興國高校

引用元:https://f.image.geki.jp

退団選手

GK 萩 晃太
※神戸へ移籍

DF 酒井 隆介
※町田へ期限付き移籍

DF イム・スンギョム
※大分へ期限付き移籍

MF 田口 泰士
※磐田へ移籍

MF 杉森 考起
※町田へ期限付き移籍

MF 田鍋 陵太
※契約満了

FW 永井 龍
※松本へ移籍

FW フェリペ・ガルシア
※ブラジルリーグへ期限付き移籍

FW ロビン・シモヴィッチ
※大宮へ移籍

名古屋グランパス 2018年J1リーグ試合日程と試合結果

引用元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

2/24(土)第1節
14:30~ VS G大阪(アウェイ)

3/3 (土)第2節
14:00~ VS 磐田(ホーム)

3/11(日)第3節
16:00~ VS 湘南(アウェイ)

3/18(日)第4節
19:00~ VS 川崎F(ホーム)

3/31(土)第5節
19:00~ VS 鳥栖(アウェイ)

4/7 (土)第6節
14:00~ VS 札幌(アウェイ)

4/11(水)第7節
19:00~ VS 仙台(ホーム)

4/14(土)第8節
14:00~ VS 鹿島(アウェイ)

4/21(土)第9節
16:00~ VS 神戸(アウェイ)

4/25(水)第10節
19:00~ VS 清水(ホーム)

4/28(土)第11節
15:00~ VS FC東京(アウェイ)

5/2 (水)第12節
19:00~ VS C大阪(ホーム)

5/5 (土)第13節
19:00~ VS 横浜FM(ホーム)

5/12(土)第14節
14:00~ VS 長崎(アウェイ)

5/20(日)第15節
14:00~ VS 柏(ホーム)

7/18(水)第16節
19:30~ VS 浦和(アウェイ)

7/22(日)第17節
18:00~ VS 広島(ホーム)

7/28(土)第18節
18:00~ VS 札幌(ホーム)

8/1(水) 第19節
19:00~ VS 仙台(アウェイ)

8/5(日) 第20節
18:00~ VS G大阪(ホーム)

8/11(土)第21節
18:00~ VS 鹿島(ホーム)

8/15(水)第22節
19:30~ VS 横浜FM(アウェイ)

8/19(日)第23節
18:00~ VS 鳥栖(ホーム)

8/26(日)第24節
18:00~ VS 浦和(ホーム)

9/1(金) 第25節
未定     VS 磐田(アウェイ)

9/15(土)第26節
未定     VS 長崎(ホーム)

9/22(土)第27節
未定     VS 川崎F(アウェイ)

9/29(土)第28節
未定     VS C大阪(アウェイ)

10/6(土)第29節
未定     VS FC東京(ホーム)

10/19(金)第30節
未定     VS 柏(アウェイ)

11/3(土) 第31節
未定     VS 神戸(ホーム)

11/10(土)第32節
未定     VS 清水(アウェイ)

11/24(土)第33節
未定     VS 広島(アウェイ)

12/1(土) 第34節
未定     VS 湘南(ホーム)

2018年 名古屋グランパスの見どころと注目選手は?

今季ブレイクが期待される若手選手は?

チーム関係者の誰もが推すのが
宇宙人”青木亮太”選手です!

引用元:http://www.soccerdigestweb.com

14年の入団時から「宇宙人」の
ニックネームで親しまれ、

その異名に恥じないテクニックや
判断力、パススピードも
格段に向上した選手の一人です。

センターラインを支える
外国人選手との

コミュニケーションも抜群で
サイドから攻撃の起点を作れる
選手に成長しました。

昨季はサイドアタッカーながら
J2の舞台11ゴールをあげ、

今季の自身の目標は15ゴールと
かなり現実味がある活躍が
期待できそうです。

風間監督も驚く隠れた逸材?”秋山陽介”

引用元:http://www.waseda-afc.jp

秋山陽介選手は早稲田大卒の
ルーキーで、昨季は夏に

特別指定選手としてリーグ戦に出場すると、
いきなりアシストを決めるなどの
活躍を見せ周囲を驚かせました。

止める・蹴るの基本技術はもちろん
ボールを前に運ぶ能力も持ち合わせ、

小柄だがフィジカルも強く
センターラインからサイドまでこなす
ユーティリティプレイヤーです。

誰もが認める10番!”ガブリエル・シャビエル”

シャビエル選手は昨年夏に
チームに加入し

瞬く間にサポーターを虜にした
ゲームメーカーです。

引用元:https://www.jsgoal.jp

フットサル仕込みの正確な技術と
判断能力はもちろん、

戦術面でもチームにすぐに溶け込み
J1昇格の救世主となりました。

16試合7ゴール14アシストと
驚異的な数字を残し、

その数字以上に彼の活躍により
若手の潜在能力が引き出され

結果的にチームに相乗効果を
もたらしました。

今季はジョー選手の移籍も
大きく、ブラジル人コンビによる
得点量産が期待されます。

スポンサーリンク



まとめ

名古屋グランパスの
今季のチームスローガンは
「攻める!」。

昨季J2で最多の85得点を
記録しましたが、

今季はブラジル勢の活躍により
更なるゴール量産が期待される。

監督自身も今季の
明確な順位は目標にせず

とにかく狙ったところで
得点ができるチームを
目指すと思います。

失点を恐れず
取られたら取り返す
超攻撃的サッカーに
期待しましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪