アンナガッサー美人すぎるインスタ画像で話題のビッグエア女子の金メダリストとは?

引用元:https://prt.iza.ne.jp

2月22日(木)に行われた
「女子ビッグエア」
今回の平昌オリンピックから
正式種目となりました!

そしてこの種目の
初代金メダリストに輝いたのが

“美人すぎる”と話題を集めている
オーストリア出身の
“アンナ・ガッサー”選手です。

今回はそんな美人すぎる金メダリスト
“アンナ・ガッサー”選手
紹介していこうと思います。

スポンサーリンク


アンナガッサー美人すぎるインスタ画像とは?

アンナガッサー選手は自身の
インスタグラムで、

ビキニで海に向かって
「バク転二回宙返り」を披露してます♪

引用元:https://www.instagram.com

海面から出てきた彼女は
果たして‥

アンナガッサー選手が
一躍注目を集めたのは
その強さにありました。

・世界選手権(スペイン)  優勝
・ワールドカップ(カナダ) 優勝
・ワールドカップ(韓国)  優勝
・ワールドカップ(イタリア)優勝

なんと四大大会全てで優勝をおさめ、
今回の平昌オリンピックでは

“世界ランキング1位”として
見事金メダルを獲得しました!

実力が先行して話題になれば、
彼女の美貌を誰もが
ほっとくわけがありません。

アンナ・ガッサー選手‥
とにかく美しい。笑

引用元:https://www.instagram.com

アンナガッサー選手の美貌は
顔の美しさだけではなく、

体操で培ったモデル顔負けの
しなやかなスタイルで

彼女のインスタグラムでは
自信満々に水着姿を披露するなど

スポーツ選手とは思えない
スタイルを持っています♪

スポンサーリンク


アンナガッサーは異色の経歴の持ち主!

オーストリア出身の
“アンナ・ガッサー”選手は

幼い頃から体操競技を本格的に行い、
なんとジュニアのナショナルチーム
選出されるほどの実力でした。

そしてスノーボードを始めたのは
18歳とスノーボード歴は
約8年間になります。

引用元:https://media.gettyimages.com

18歳って他のオリンピアに比べて
かなり遅いような気がしますよね?

オリンピックで活躍する
スポーツ選手って

小さい頃からその競技の英才教育を受け、
世界に羽ばたいていくイメージですが、

アンナガッサー選手は
体操との二足のわらじで

スノーボード「ビッグエア」
女王になりました。

アンナ選手のスノーボードを
始めたキッカケって何だったのでしょう?

そこには噂の“彼氏?”の影響が
あったのでは?と思われます♪

その噂の彼氏はアンナ選手と同じく、
今回平昌五輪のスノーボード種目で
活躍が期待されてる
“クレメンス・ミラウアー”選手です。

引用元:https://info-go.biz

クレメンス選手はアンナ選手より
3歳年下で彼女がスノーボードを
始めた頃は15歳の中学生でした。

アンナ選手は年下の彼にできて
「私にできない事はない!!」
とでも思ったのでしょうか?

今回彼女が金メダルを獲得できた
理由には体操の経験が
大きく関わっていると思います。

今回のビッグエア決勝を
テレビで観戦していた私ですが、

アンナガッサー選手の何がすごいか?
素人の私でもわかる事ですが、
着地を失敗する雰囲気がないのです!

今回メダルを大きく期待された
日本人勢がメダルを逃した原因も
この“着地”でした。

レベルや難度が高いエアに挑戦しても
着地が決まらず転倒する場面が
目立ってしまいました。

その中でアンナガッサー選手は
誰よりも高く飛び、

そして誰よりも正確に
この着地を決めていました!

引用元:https://www.instagram.com

この失敗しない彼女を作り上げたのも
幼い頃体操で身に着けた

“バランス感覚”があったから
だと思いますね。

スポンサーリンク


アンナ・ガッサー プロフィール

引用元:https://fineplay.me

名前:アンナ・ガッサー

生年月日:1991年8月16日

出身地:オーストリア、フィラッハ

身長/体重:165cm/52kg

まとめ

今回の平昌オリンピックでは
予選から得意のダブルコークで

誰よりも1歩先を行き
他の追随を許さなかった
アンナガッサー選手

次回30歳の大台でむかえる
オリンピックではどんな結果を
残してくれるのでしょうか?

おそらくその年齢を迎える
アンナ選手を世の男性が
ほっとくワケありませんよね。笑

今回の平昌オリンピックでは
結婚を機に一度競技を引退し、

カムバックして再度オリンピックに
出場した選手も多く見られました。

そんな彼女の活躍から
ますます目が離せませんね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪